シェリル・サンドバーグ

提供: スモールウィキ

シェリル・サンドバーグ(Sheryl Kara Sandberg)

目次

概要

1969年8月28日米国生まれ。2008年3月よりフェイスブック(Facebook)のCOOで、2011年の年棒は約3千万ドル。学生時代の成績が抜群に良く、キャリアも世界銀行やマッキンゼーに勤めるなどピカピカの経歴である。見た目も良い。ラリー・サマーズ氏との関係が深い。CFR(外交問題評議会)のメンバーでもある。

経歴

1969年8月28日米国ワシントンD.C.生まれ。2歳からフロリダ州に移転。公立学校では常にトップの成績。
1987年にハーバード大学経済学部に入学。1991年に経済学部首席で卒業。
1991年から世界銀行勤務。ハーバード大学在学中にラリー・サマーズ教授と知り合い、世銀へ招聘された。
1993年にハーバード大学ビジネススクール入学。1995年卒業。
1996年にマッキンゼー入社。当時のラリー・サマーズ財務長官の下、アジア危機に伴う債務問題を担当。
2001年、グーグル入社。グローバルオンラインのセールスとオペレーション担当バイスプレジデント。
2004年、デビッド・ゴールドバーグ氏と結婚。
2008年、フェイスブックCOOに就任。

グーグルでの仕事

創業間もないグーグルでは、創業者のラリー・ペイジやセルゲイ・ブリンの難解なアイデアを聞き取り、実際にビジネス化するという、若くして会社を主導していく役割を果たしたと言われている。

フェースブックでの仕事

フェースブックの収益化や拡大を主導したと言われている。

その他

ウォルトディズニーやスターバックスコーヒーの取締役(ボードメンバー)も務めている。 女性の社会進出運動にも係わっている。

人当たりがソフトで、性格が良さそうな感じが講演などでも伝わって来る。そのためか、知り合いやマスコミ取材者の評判も良い。

個人用ツール